チョコレート大好きな私がいちばん好きな、チョコレートトリュフ。
それは、ミシュランのレストランガイドでも星を獲得している、東京は広尾のフレンチレストラン「ひらまつ」本店でしか食べられない逸品です。

ひらまつでは、デザートやプティガトーなども、店内でパティシエが手作りしています。
お食事のコースの後のお茶菓子として、一口サイズのマドレーヌなどと一緒に、このトリュフが供されます。
一口サイズで、ココアパウダーに包まれ、1個ずつ小さなアルミカップに入っています。
なぜアルミカップに入っているかというと、指でつまむだけで崩れてしまうから。

カップをそっとつまんで、一口で口に入れてしまいましょう。
口に入れたとたん、外側のチョコレートがほろっと崩れ、中からとろとろの、香り高いチョコレートが流れ出ます!!
どうやって作るのか、いまだに不思議です…。まさにプロの技!

これだけ繊細なトリュフなので、焼き菓子は販売しているひらまつでも、持ち帰りはできません。
ひらまつ本店でお食事をするときだけの、甘い贅沢です♪保育士転職