NHK おんな城主直虎

前回は、華々しい真田丸。今回も同時代だが、ちょっと地味ではと思いながらも大河ドラマの勢いで見ているが、だんだん面白くなってきた。
徳川の井伊といったら、桜田門外の変の井伊直弼から徳川そのものの側近中の側近で、主君徳川家康と一緒に今川に人質として苦労したのだと思っていたら、この時代、徳川となんの関係も無く、今川の圧迫に四苦八苦していた時代だったのだということが、初めて知った。
戦国の世に、女性が城主になるなど、ほとんど漫画の世界と思っていたが、異論もあるらしいが、現実みのあること、そして今後どうやって徳川の重臣になっていき、徳川の先鋒井伊の赤備えに成長していくのか楽しみにしている。
柴咲コウさんは、まだ出てきていないが、幼い時代のおとわ(後の井伊直虎)のやんちゃな、突飛な発想と行動力に、今は微笑みながら見ている。
さて、柴咲コウさんの直虎は、どんな苦労と奇抜なアイデアで井伊家を引っ張っていくのか期待している。М字はげに効果のある育毛剤はこちら